高岡亜衣様 丹後きものまつり2011 書道パフォーマンス映像  |京都・アイデンティティブランディング

中小企業にファンをつくる

©2018 All rights reserved.

高岡亜衣様 丹後きものまつり2011 書道パフォーマンス映像

10月16日 日本三景「天橋立」周辺で開催された、丹後きものまつり2011の特設ステージにて行われた書道パフォーマンス。


2004年の秋に上陸した台風23号の影響で倒れてしまった天橋立の松の木。その松はこの日まで大切に保管されており、書道家・高岡亜衣先生の手によって「天橋立」と揮毫­されました。

続いて3枚のパネルに「艶」「想襲」「華」を揮毫。丹後ちりめんでつくられた着物の艶(あで)やか、かつ華やかな印象を愛する高岡亜衣先生が、そのイメージをストレートに­表現。
そしてそこに根付く数多くの「想い」を「襲(かさ)ねる」イメージを力強く、エレガントに揮毫されました。

コンセプト

高岡亜衣先生のパフォーマンスは女性的なしなやかさもさることながら、ダイナミックで男性的な動きも兼ね備えておられる印象です。今回、その動感を出来る限り表現したいと考えました。このため3台のカメラのうち1台は、可能な限り被写体に近づき、カメラのズームに頼りすぎない方法をとりました。レンズの広角側で、近づいての撮影のほうがダイナミックさが表現しやすいからです。

また高岡亜衣先生のパフォーマンスは、予め相当なイメージトレーニングを重ねた上で、流れる音と同期させながら行うのが特徴です。その緊張感を表現する場面ではカット編集を、一瞬空気が緩み、次の緊張へ向けての待機状態となる部分はディゾルブ(2つの映像を重ねながら徐々に次の映像を見せる映像効果)を利用し、リズムに強弱をつけています。カット編集もディゾルブも、映像制作においてはごく基礎的な手法で、何も特別な方法ではありませんが、被写体をしっかりと見せるためには意味の無いトランジション(場面転換)は不要と考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「暮らし心地」を大切にする工務店様 ブランディング

住まいのトミタ様のブランドアイデンティティ成文化、シンボルマーク/ロゴタイプ製作、ウェブサイト製作の、一連のブランディングプロジェクトの案件…

海洋高校ブイヤベースラーメン ブランディングデザイン

海洋高校ブイヤベースラーメンの一連のブランディングデザインです。チラシ(マップ)、ポスター、ウェブサイト、コースター、スタンプラリー用スタン…

羽衣荘様 ウェブサイト製作

新規顧客成約率7倍、京都府北部、京丹後市にある活がに専門の宿、羽衣荘様のウェブサイトです。 25年間、冷凍のかには一切使わず、徹底的に…

バイオマス関連製品 展示会用A1パネル

名刺交換量2倍以上を獲得した展示会用広告パネル。 ダレスサンドロジャパン様取扱のイタリア製バイオマス関連製品の広告パネル製作です。協力…

宮津カレー焼きそば チラシ他コンセプトデザイン

以前から引き続きの、宮津カレー焼きそばキャンペーン関連のコンセプトデザインです。今回は再度スタンプラリーを実施するということで、さらにブラン…

ページ上部へ戻る