高岡亜衣様 丹後きものまつり2011 書道パフォーマンス映像  |京都・アイデンティティブランディング

御社のサードブレイン 第3の脳

©2019 All rights reserved.

高岡亜衣様 丹後きものまつり2011 書道パフォーマンス映像

10月16日 日本三景「天橋立」周辺で開催された、丹後きものまつり2011の特設ステージにて行われた書道パフォーマンス。


2004年の秋に上陸した台風23号の影響で倒れてしまった天橋立の松の木。その松はこの日まで大切に保管されており、書道家・高岡亜衣先生の手によって「天橋立」と揮毫­されました。

続いて3枚のパネルに「艶」「想襲」「華」を揮毫。丹後ちりめんでつくられた着物の艶(あで)やか、かつ華やかな印象を愛する高岡亜衣先生が、そのイメージをストレートに­表現。
そしてそこに根付く数多くの「想い」を「襲(かさ)ねる」イメージを力強く、エレガントに揮毫されました。

コンセプト

高岡亜衣先生のパフォーマンスは女性的なしなやかさもさることながら、ダイナミックで男性的な動きも兼ね備えておられる印象です。今回、その動感を出来る限り表現したいと考えました。このため3台のカメラのうち1台は、可能な限り被写体に近づき、カメラのズームに頼りすぎない方法をとりました。レンズの広角側で、近づいての撮影のほうがダイナミックさが表現しやすいからです。

また高岡亜衣先生のパフォーマンスは、予め相当なイメージトレーニングを重ねた上で、流れる音と同期させながら行うのが特徴です。その緊張感を表現する場面ではカット編集を、一瞬空気が緩み、次の緊張へ向けての待機状態となる部分はディゾルブ(2つの映像を重ねながら徐々に次の映像を見せる映像効果)を利用し、リズムに強弱をつけています。カット編集もディゾルブも、映像制作においてはごく基礎的な手法で、何も特別な方法ではありませんが、被写体をしっかりと見せるためには意味の無いトランジション(場面転換)は不要と考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

杉で包む珍しい寿し ランディングページ制作

日本屈指の林業地である京都・京北地区でとられた「杉」で「鯖寿司」を包む、という非常に珍しい寿し「杉鮓(すぎずし)」の商品紹介・販売用ランディ…

与謝野町 農業ポータルサイト制作

おから、米ぬか、魚のあらなどを使用し、100%有機質の肥料を独自に製造している京都府与謝野町の自然循環農業ポータルサイト「YOSANO Ag…

京の自然 蜜蝋ワックス 商品ブランディング

蜜ろう(ミツバチの巣)と植物油のみを使用してい作られた100%自然素材のメンテナンスワックス「834 京の自然 蜜蝋ワックス」の商品ブランデ…

本格着物体験 ウェブサイト制作

高級絹織物ブランド「丹後ちりめん」の着付け体験、織元や染色作家の工房訪問などが愉しめる「丹後ちりめん 本格着物体験」のウェブサイト案件です。…

電気工事業ウェブサイト/求人ブランディング

京都市の電気工事事業者様の求人活動におけるブランディング、それに伴うウェブサイト制作の案件です。 今現在、社会はほとんどの企業が人財不…

ページ上部へ戻る