浅見帆帆子さん講演会 in 天橋立  |京都・アイデンティティブランディング

御社のサードブレイン 第3の脳

©2019 All rights reserved.

浅見帆帆子さん講演会 in 天橋立

603724 467423636671854 1276366904 n 300x424 浅見帆帆子さん講演会 in 天橋立

浅見帆帆子さん講演会 in 天橋立 2013年5月12日
お申込み受付中

同性から好かれる女性ベストセラー作家。 宮津へ。

浅見さんは、なぜ同性から好かれるのでしょう???

男性である僕には分かりませんが、なんとなく思うのは、
媚びない女性は、同性から好かれるのではないかと思う部分があります。

それともう一つ思うのは、、
女性が持っている「感覚」「感情」の上手な活かし方を、明確に教えてくれるからなのかな?と。

そんな、ベストセラー作家の浅見帆帆子さんが、丹後・宮津会館にて講演会をされます(奇跡)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://tpie-5c.jp/hohoko.html

浅見さんのファンは、本当に女性が多いです。
聞く所によると、京都での講演会は、1時間半前からすでに長蛇の列ができていたとか。

女性、男性で、バッサリ分けられるわけではないので、
「感覚的な人(女性に多い)」と「論理的な人(男性に多い)」に、
ちょっと乱暴ですが無理やり分けると・・・

論理的な人っていうのは、筋が通らないことは我慢できません。
それが、感情に反していても、です。
嫌なことでも、筋を通すためにはやってしまう。我慢するからストレスがたまる。
逆にいうと、責任を果たすということです。

感覚的な人は、自分の気持ち次第です。
筋が通っていなくて、正直、論理的な人からするとメチャクチャな判断でも、
「私がイヤなものはイヤ」です。
逆にいうと、気持ちに正直で、ストレスがたまらない。

もちろん完全にどちらか、というわけじゃなく、どちらかというと感覚派・・・とか、
そういうものだと思いますが。両方を兼ね備えた人もいるし。

浅見さんは、感覚や、目に見えないものをたいせつにしながら、
ちゃんと論理の部分にも目を向けておられる方・・・
そんな印象です。素敵ですね。
実際、やることをやらずに、ベストセラー作家になれるはずがありません。
自分に正直であり、かつ人に価値を提供できている証拠です。

感覚派、論理派、どちらがいいかは決められません。
世の中にはどちらも必要です。
一人の人の中でバランスがとれていればいいですが、なかなか難しいですよね。

だから、女性的な人、男性的な人が、理解しあって、
手を組むのが結局のところ一番いいです。
その中には、たぶん、一瞬理解できないこともあるでしょうけど。

そんな、バランス感覚に優れた浅見帆帆子さんの講演会。
女性にとっては、自分の「感覚」や「感情」の
じょうずな活かし方を教えてもらえることでしょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

浅見帆帆子さん講演会 in 天橋立 2013年5月12日(日) 14:00〜 宮津会館大ホール

【あなたの心を解放します】

~感性と女性の時代~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

京の自然 蜜蝋ワックス 商品ブランディング

蜜ろう(ミツバチの巣)と植物油のみを使用してい作られた100%自然素材のメンテナンスワックス「834 京の自然 蜜蝋ワックス」の商品ブランデ…

本格着物体験 ウェブサイト制作

高級絹織物ブランド「丹後ちりめん」の着付け体験、織元や染色作家の工房訪問などが愉しめる「丹後ちりめん 本格着物体験」のウェブサイト案件です。…

電気工事業ウェブサイト/求人ブランディング

京都市の電気工事事業者様の求人活動におけるブランディング、それに伴うウェブサイト制作の案件です。 今現在、社会はほとんどの企業が人財不…

「暮らし心地」を大切にする工務店様 ブランディング

株式会社トミタ様のブランドアイデンティティ成文化、シンボルマーク/ロゴタイプ製作、ウェブサイト製作の、一連のブランディングプロジェクトの案件…

海洋高校ブイヤベースラーメン ブランディングデザイン

海洋高校ブイヤベースラーメンの一連のブランディングデザインです。チラシ(マップ)、ポスター、ウェブサイト、コースター、スタンプラリー用スタン…

ページ上部へ戻る