アイデンティティワード① CTD 過去をつなげる  |京都・アイデンティティブランディング

中小企業にファンをつくる

©2018 All rights reserved.

アイデンティティワード① CTD 過去をつなげる

自社、自分らしい「たった一言」を見つけると、それがブランディングに活かせるわけですが、もう少し正確にいうと・・・

その「たった一言」を見つけようとする「過程」において、自社、自分のことが客観的に分かるようになる。
つまり、自分たちの「強み」を自在に操り、かつ自分たちの「弱み」を「強み」に変換できる術が分かってきます。

抽象的で申し訳ありません。 ですので、少し話を具体的にしていきたいと思います。

アイディワードを見つけるための「視点」、考える「切り口」は、全部で6つあります。

そのうちの一つ、【CTD】 これは私が勝手に略した頭文字なのですが(!)Connecting the dots(点をつなげる)の略です。
そうです、かの有名な、スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学でスピーチをした際、表現した言葉です。

自分、自社のアイデンティティを一言で表した言葉、「アイデンティティワード」を見つけるためには、過去起きたことを整理するのが一番、最短距離になります。
その経緯は、先日私の例でお伝えしました。

私はアトピー性皮膚炎に影響され、自分の肌は醜いと思っていたので、「人に常に見られている感覚」が常にありました。
その結果、人と自分は違う、じゃあ自分って何?という思考になっていった。
そこから、「アイデンティティ」について興味が湧きました。

自分史を書く

このように、自分の過去を整理するために必ず通るのが、「自分史」を書くことです。

自分史は、履歴書ではありません。◯◯高校に行った、というのは、実はそれほど重要ではありません。

「自分の感情が大きく揺れ動いた体験」

これを整理するのが自分史です。私であれば、アトピーが原因で、小学2年のときに受けたいじめが、強烈に残っています。

キーポイントは、履歴書的な記録ではなく、 「どんな場面で、どんな感情を味わったか」 が重要です。
そして、いくつか体験した、感情が揺れ動いた体験のうち、近い感覚のものを整理していきます。
自分の過去の体験の、共通点を探る作業です。
ただ1つの経験だけでなく、「共通点」が重要なポイントです。

そういった体験を整理していくと、今の自分をどう形成していて、今の仕事のやり方にどう影響しているのか?が客観的につながってきます。

まさに、CTD Connecting the dotsです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

住まいのトミタ様 ブランディング

住まいのトミタ様のブランドアイデンティティ成文化、シンボルマーク/ロゴタイプ製作、ウェブサイト製作の、一連のブランディングプロジェクトの案件…

海洋高校ブイヤベースラーメン ブランディングデザイン

海洋高校ブイヤベースラーメンの一連のブランディングデザインです。チラシ(マップ)、ポスター、ウェブサイト、コースター、スタンプラリー用スタン…

羽衣荘様 ウェブサイト製作

新規顧客成約率7倍、京都府北部、京丹後市にある活がに専門の宿、羽衣荘様のウェブサイトです。 25年間、冷凍のかには一切使わず、徹底的に…

バイオマス関連製品 展示会用A1パネル

名刺交換量2倍以上を獲得した展示会用広告パネル。 ダレスサンドロジャパン様取扱のイタリア製バイオマス関連製品の広告パネル製作です。協力…

宮津カレー焼きそば チラシ他コンセプトデザイン

以前から引き続きの、宮津カレー焼きそばキャンペーン関連のコンセプトデザインです。今回は再度スタンプラリーを実施するということで、さらにブラン…

ページ上部へ戻る