アイデンティティワード① CTD 過去をつなげる  |京都・アイデンティティブランディング

御社のサードブレイン 第3の脳

©2019 All rights reserved.

アイデンティティワード① CTD 過去をつなげる

自社、自分らしい「たった一言」を見つけると、それがブランディングに活かせるわけですが、もう少し正確にいうと・・・

その「たった一言」を見つけようとする「過程」において、自社、自分のことが客観的に分かるようになる。
つまり、自分たちの「強み」を自在に操り、かつ自分たちの「弱み」を「強み」に変換できる術が分かってきます。

抽象的で申し訳ありません。 ですので、少し話を具体的にしていきたいと思います。

アイディワードを見つけるための「視点」、考える「切り口」は、全部で6つあります。

そのうちの一つ、【CTD】 これは私が勝手に略した頭文字なのですが(!)Connecting the dots(点をつなげる)の略です。
そうです、かの有名な、スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学でスピーチをした際、表現した言葉です。

自分、自社のアイデンティティを一言で表した言葉、「アイデンティティワード」を見つけるためには、過去起きたことを整理するのが一番、最短距離になります。
その経緯は、先日私の例でお伝えしました。

私はアトピー性皮膚炎に影響され、自分の肌は醜いと思っていたので、「人に常に見られている感覚」が常にありました。
その結果、人と自分は違う、じゃあ自分って何?という思考になっていった。
そこから、「アイデンティティ」について興味が湧きました。

自分史を書く

このように、自分の過去を整理するために必ず通るのが、「自分史」を書くことです。

自分史は、履歴書ではありません。◯◯高校に行った、というのは、実はそれほど重要ではありません。

「自分の感情が大きく揺れ動いた体験」

これを整理するのが自分史です。私であれば、アトピーが原因で、小学2年のときに受けたいじめが、強烈に残っています。

キーポイントは、履歴書的な記録ではなく、 「どんな場面で、どんな感情を味わったか」 が重要です。
そして、いくつか体験した、感情が揺れ動いた体験のうち、近い感覚のものを整理していきます。
自分の過去の体験の、共通点を探る作業です。
ただ1つの経験だけでなく、「共通点」が重要なポイントです。

そういった体験を整理していくと、今の自分をどう形成していて、今の仕事のやり方にどう影響しているのか?が客観的につながってきます。

まさに、CTD Connecting the dotsです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

杉で包む珍しい寿し ランディングページ制作

日本屈指の林業地である京都・京北地区でとられた「杉」で「鯖寿司」を包む、という非常に珍しい寿し「杉鮓(すぎずし)」の商品紹介・販売用ランディ…

与謝野町 農業ポータルサイト制作

おから、米ぬか、魚のあらなどを使用し、100%有機質の肥料を独自に製造している京都府与謝野町の自然循環農業ポータルサイト「YOSANO Ag…

京の自然 蜜蝋ワックス 商品ブランディング

蜜ろう(ミツバチの巣)と植物油のみを使用してい作られた100%自然素材のメンテナンスワックス「834 京の自然 蜜蝋ワックス」の商品ブランデ…

本格着物体験 ウェブサイト制作

高級絹織物ブランド「丹後ちりめん」の着付け体験、織元や染色作家の工房訪問などが愉しめる「丹後ちりめん 本格着物体験」のウェブサイト案件です。…

電気工事業ウェブサイト/求人ブランディング

京都市の電気工事事業者様の求人活動におけるブランディング、それに伴うウェブサイト制作の案件です。 今現在、社会はほとんどの企業が人財不…

ページ上部へ戻る