ブランディング=これからのブランド戦略はインサイドアウト  |京都・アイデンティティブランディング

御社のサードブレイン 第3の脳

©2020 All rights reserved.

ブランディング=これからのブランド戦略はインサイドアウト

私は過去の経緯を整理することで、「アイデンティティ」という自分の生き方にとって中心的なキーワードに気づきました。

思えばこのキーワードは、18歳の頃から気になっている言葉でした。
この言葉が自分のテーマであると気付いたのは、36歳、実に18年間、自分にとって「アイデンティティ」という言葉が中心的なテーマだということに気付かなかったわけです。

何を申し上げたいか、というと、自分の行動、自社の経営は、普段かなりの度合いで「無意識」でやっているため、自分たちが何者なのか、何をしているのかが、実際にはよくわかっていないのです。

だからこそ、信頼の置ける友人だったり、同志だったり、時には税理士や社労士の先生、コンサルタントなどから客観的に見てもらい、アドバイスをもらうことに価値があるのです。

自分、自社の強み、ウリや、逆にバランスを崩しているウィークポイントは、自分ではよく分からない・・・気づかないところに、自分がいつのまにかテーマにしているキーワードがあるのです。

アイデンティティブランディングは、この「中心となる軸」とも言えるアイデンティティワードを見つけ、そこから会社のロゴやパンフレット、ウェブサイトなどの情報発信ツールの表現はもちろん、営業トークをどう展開するのか、内部の業務プロセスをどのように戦略立てていくのか、を決定していく考え方です。

インサイドアウト=内側から外側へ、です。

自分・自社の内側に存在価値を見つけ、それを磨く。
成長社会では外部にその答えがあったかもしれませんが、成熟社会となった今、存在価値を決定づけるのは、内面性にあります。

そのために、まずは経営者やリーダーの過去を肯定的に掘り下げるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

世界へと動き始めた丹後のシルクを伝えるウェブサイト

300年続く高級絹織物「丹後ちりめん」がさらに進化し、パリコレでのシルク生地採用等、丹後のシルク織物として世界へと動き始めています。 従来…

新時代のコンセプト車を告知するハガキDM

日産野田川販売株式会社様の新車告知用、ハガキDMです。 7月に日産から発売された新車「KICKS」は、もともと海外で発売されていたモデ…

食のコンセプトを強化したホテルのチラシ

プラザホテル吉翠苑様の折込チラシです。 コロナの影響で2ヶ月の休業を余儀なくされましたが、その期間に自分たちの事業のあり方を再度見つめ…

新工業&ランドマーク建設に向けたブランド開発

鋳物製造を行うシオノ鋳工様が、新たに鋳物製造後の加工を行う新工場を建設される計画が進行中。新工場敷地内には、オリジナル商品開発や体験工房とな…

合併してさらにパワーアップした農業法人のロゴ制作

与謝野町の農業法人、株式会社AGRIST様のロゴ制作です。農業者としてはかなり若手、しかし地域トップクラスの出荷実績を持つ二人がタッグを組み…

ページ上部へ戻る