ブランディング=これからのブランド戦略はインサイドアウト  |京都・アイデンティティブランディング

御社のサードブレイン 第3の脳

©2019 All rights reserved.

ブランディング=これからのブランド戦略はインサイドアウト

私は過去の経緯を整理することで、「アイデンティティ」という自分の生き方にとって中心的なキーワードに気づきました。

思えばこのキーワードは、18歳の頃から気になっている言葉でした。
この言葉が自分のテーマであると気付いたのは、36歳、実に18年間、自分にとって「アイデンティティ」という言葉が中心的なテーマだということに気付かなかったわけです。

何を申し上げたいか、というと、自分の行動、自社の経営は、普段かなりの度合いで「無意識」でやっているため、自分たちが何者なのか、何をしているのかが、実際にはよくわかっていないのです。

だからこそ、信頼の置ける友人だったり、同志だったり、時には税理士や社労士の先生、コンサルタントなどから客観的に見てもらい、アドバイスをもらうことに価値があるのです。

自分、自社の強み、ウリや、逆にバランスを崩しているウィークポイントは、自分ではよく分からない・・・気づかないところに、自分がいつのまにかテーマにしているキーワードがあるのです。

アイデンティティブランディングは、この「中心となる軸」とも言えるアイデンティティワードを見つけ、そこから会社のロゴやパンフレット、ウェブサイトなどの情報発信ツールの表現はもちろん、営業トークをどう展開するのか、内部の業務プロセスをどのように戦略立てていくのか、を決定していく考え方です。

インサイドアウト=内側から外側へ、です。

自分・自社の内側に存在価値を見つけ、それを磨く。
成長社会では外部にその答えがあったかもしれませんが、成熟社会となった今、存在価値を決定づけるのは、内面性にあります。

そのために、まずは経営者やリーダーの過去を肯定的に掘り下げるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

京の自然 蜜蝋ワックス 商品ブランディング

蜜ろう(ミツバチの巣)と植物油のみを使用してい作られた100%自然素材のメンテナンスワックス「834 京の自然 蜜蝋ワックス」の商品ブランデ…

本格着物体験 ウェブサイト制作

高級絹織物ブランド「丹後ちりめん」の着付け体験、織元や染色作家の工房訪問などが愉しめる「丹後ちりめん 本格着物体験」のウェブサイト案件です。…

電気工事業ウェブサイト/求人ブランディング

京都市の電気工事事業者様の求人活動におけるブランディング、それに伴うウェブサイト制作の案件です。 今現在、社会はほとんどの企業が人財不…

「暮らし心地」を大切にする工務店様 ブランディング

株式会社トミタ様のブランドアイデンティティ成文化、シンボルマーク/ロゴタイプ製作、ウェブサイト製作の、一連のブランディングプロジェクトの案件…

海洋高校ブイヤベースラーメン ブランディングデザイン

海洋高校ブイヤベースラーメンの一連のブランディングデザインです。チラシ(マップ)、ポスター、ウェブサイト、コースター、スタンプラリー用スタン…

ページ上部へ戻る