ブランディング=アイデンティティの確立  |京都・アイデンティティブランディング

御社のサードブレイン 第3の脳

©2019 All rights reserved.

ブランディング=アイデンティティの確立

CIコンサルタントの大江です。

「御社らしさ」とブランディングについて考えてみましょう。

「らしさ」とは何でしょうか?

まず、ブランドが立っている企業というのは、「らしさ」がありますね。
Appleらしさ。エルメスらしさ。餃子の王将らしさ。イナバの物置らしさ?

らしさを語るには、必ず最低でも2つの視点が必要です。
まず「市場全体から見てどういう立ち位置にいるか」という視点、そして、「その企業の内側からにじみ出る個性」という視点。つまり、内側からの視点と、外側からの視点です。

「らしさ」とは、この2つの視点の交差点でしか語ることはできません。
もう少しビジネス的に言うと、「市場が求める立ち位置」と「企業側がこうありたいと思う立ち位置」です。

「あの会社はカッコいい製品を作ってるから好きだ!」というブランド価値が浸透するとします。

この時ユーザーは、何をもって「カッコいい製品」と思っているのでしょうか?
少なくとも、そのユーザーが「カッコいいと思わない製品」が世の中にあるからこそ、「カッコいい製品」という比較の結果が生まれるわけです。
つまり、「らしさ」や「個性」というのは、比較対象がなければ創りあげることはできません。

つまりブランディングには、他社との違いを打ち出すための戦略が必要です・・・・が、

でも、しかし、です!

今や世の中商品だらけ。新しいものを作っても、もう大概は似たようなものが世の中にすでにある。ユーザーはもう、商品やサービスに飽きています。ちょっとした販促なんてほとんど効かない。

つまり、他社との違いを打ち出すといっても、似たようなものがすでにある以上、限界があるのです。

では「らしさ」を表現していくにはどうすればいいでしょうか?

その根源が「アイデンティティ」です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

京の自然 蜜蝋ワックス 商品ブランディング

蜜ろう(ミツバチの巣)と植物油のみを使用してい作られた100%自然素材のメンテナンスワックス「834 京の自然 蜜蝋ワックス」の商品ブランデ…

本格着物体験 ウェブサイト制作

高級絹織物ブランド「丹後ちりめん」の着付け体験、織元や染色作家の工房訪問などが愉しめる「丹後ちりめん 本格着物体験」のウェブサイト案件です。…

電気工事業ウェブサイト/求人ブランディング

京都市の電気工事事業者様の求人活動におけるブランディング、それに伴うウェブサイト制作の案件です。 今現在、社会はほとんどの企業が人財不…

「暮らし心地」を大切にする工務店様 ブランディング

株式会社トミタ様のブランドアイデンティティ成文化、シンボルマーク/ロゴタイプ製作、ウェブサイト製作の、一連のブランディングプロジェクトの案件…

海洋高校ブイヤベースラーメン ブランディングデザイン

海洋高校ブイヤベースラーメンの一連のブランディングデザインです。チラシ(マップ)、ポスター、ウェブサイト、コースター、スタンプラリー用スタン…

ページ上部へ戻る