ブランディング=アイデンティティの確立  |京都・アイデンティティブランディング

御社のサードブレイン 第3の脳

©2020 All rights reserved.

ブランディング=アイデンティティの確立

CIコンサルタントの大江です。

「御社らしさ」とブランディングについて考えてみましょう。

「らしさ」とは何でしょうか?

まず、ブランドが立っている企業というのは、「らしさ」がありますね。
Appleらしさ。エルメスらしさ。餃子の王将らしさ。イナバの物置らしさ?

らしさを語るには、必ず最低でも2つの視点が必要です。
まず「市場全体から見てどういう立ち位置にいるか」という視点、そして、「その企業の内側からにじみ出る個性」という視点。つまり、内側からの視点と、外側からの視点です。

「らしさ」とは、この2つの視点の交差点でしか語ることはできません。
もう少しビジネス的に言うと、「市場が求める立ち位置」と「企業側がこうありたいと思う立ち位置」です。

「あの会社はカッコいい製品を作ってるから好きだ!」というブランド価値が浸透するとします。

この時ユーザーは、何をもって「カッコいい製品」と思っているのでしょうか?
少なくとも、そのユーザーが「カッコいいと思わない製品」が世の中にあるからこそ、「カッコいい製品」という比較の結果が生まれるわけです。
つまり、「らしさ」や「個性」というのは、比較対象がなければ創りあげることはできません。

つまりブランディングには、他社との違いを打ち出すための戦略が必要です・・・・が、

でも、しかし、です!

今や世の中商品だらけ。新しいものを作っても、もう大概は似たようなものが世の中にすでにある。ユーザーはもう、商品やサービスに飽きています。ちょっとした販促なんてほとんど効かない。

つまり、他社との違いを打ち出すといっても、似たようなものがすでにある以上、限界があるのです。

では「らしさ」を表現していくにはどうすればいいでしょうか?

その根源が「アイデンティティ」です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

世界へと動き始めた丹後のシルクを伝えるウェブサイト

300年続く高級絹織物「丹後ちりめん」がさらに進化し、パリコレでのシルク生地採用等、丹後のシルク織物として世界へと動き始めています。 従来…

新時代のコンセプト車を告知するハガキDM

日産野田川販売株式会社様の新車告知用、ハガキDMです。 7月に日産から発売された新車「KICKS」は、もともと海外で発売されていたモデ…

食のコンセプトを強化したホテルのチラシ

プラザホテル吉翠苑様の折込チラシです。 コロナの影響で2ヶ月の休業を余儀なくされましたが、その期間に自分たちの事業のあり方を再度見つめ…

新工業&ランドマーク建設に向けたブランド開発

鋳物製造を行うシオノ鋳工様が、新たに鋳物製造後の加工を行う新工場を建設される計画が進行中。新工場敷地内には、オリジナル商品開発や体験工房とな…

合併してさらにパワーアップした農業法人のロゴ制作

与謝野町の農業法人、株式会社AGRIST様のロゴ制作です。農業者としてはかなり若手、しかし地域トップクラスの出荷実績を持つ二人がタッグを組み…

ページ上部へ戻る