ブランディング=日々の何気ない行動が「顧客の体験」になる  |京都・アイデンティティブランディング

御社のサードブレイン 第3の脳

©2020 All rights reserved.

ブランディング=日々の何気ない行動が「顧客の体験」になる

ブランディングというのは、顧客が無意識のうちに受け取っている「体験」の集合体です。

その「体験」が顧客にとって価値があればあるほど、「ブランド資産」は蓄積されていくことになり、全く同じものを売っていても自社のほうが選ばれたり、または他社より高い値段であっても買ってくださったりするわけです。

私はブランディングをしていくにあたり、経営者およびその企業の「アイディワード」=その人らしさ、その会社らしさを一言で表した言葉を発見することを推奨していますが、なぜそれにこだわるのか?というと、顧客に対する「体験」に一貫性を持たせるためです。

テキトウに決めたテーマやルールでは、その企業に定着しない。つまり、一貫性をもったブランド活動につながらないからです。

だからこそ、経営者の内面を徹底的に掘り下げ、「絶対にブレようのないテーマ=アイデンティワード」を見つける必要があるのです。

顧客への体験は、商品やサービスの提供だけではありません。
飲食店であれば、お店によっては注文をとる際に腰を落として目線をお客様に合わせるかもしれません。
流通業なら、会社によっては商品や請求書と一緒に、手書きのお手紙を添えるかもしれません。
製造業であれば、自社独自の技術を「素人が一瞬で分かる言葉」にまとめ、伝えてる努力をするかもしれません。

こういった細かな目に見えない体験の集合体がブランドイメージにつながっていきます。
経営者や社員の日々の振る舞い、すべてがその企業のイメージを作っているのです。

ロゴマークをつくる、ウェブサイトを展開するなど、ブランディングのためのツールはあるとしても、その根底にあるのは日々の行動だということです。

だから日々の行動がブレないよう、アイデンティティワードを見つけ出す作業を行うのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

世界へと動き始めた丹後のシルクを伝えるウェブサイト

300年続く高級絹織物「丹後ちりめん」がさらに進化し、パリコレでのシルク生地採用等、丹後のシルク織物として世界へと動き始めています。 従来…

新時代のコンセプト車を告知するハガキDM

日産野田川販売株式会社様の新車告知用、ハガキDMです。 7月に日産から発売された新車「KICKS」は、もともと海外で発売されていたモデ…

食のコンセプトを強化したホテルのチラシ

プラザホテル吉翠苑様の折込チラシです。 コロナの影響で2ヶ月の休業を余儀なくされましたが、その期間に自分たちの事業のあり方を再度見つめ…

新工業&ランドマーク建設に向けたブランド開発

鋳物製造を行うシオノ鋳工様が、新たに鋳物製造後の加工を行う新工場を建設される計画が進行中。新工場敷地内には、オリジナル商品開発や体験工房とな…

合併してさらにパワーアップした農業法人のロゴ制作

与謝野町の農業法人、株式会社AGRIST様のロゴ制作です。農業者としてはかなり若手、しかし地域トップクラスの出荷実績を持つ二人がタッグを組み…

ページ上部へ戻る