経営理念・ビジョン策定コンサルティング 社内ブランディング実績  |京都・アイデンティティブランディング

御社のサードブレイン 第3の脳

©2020 All rights reserved.

経営理念・ビジョン策定コンサルティング 社内ブランディング実績

鋳物鋳造の会社である株式会社シオノ鋳工様における、経営理念およびビジョン、タグライン策定のコンサルティング、成文化提案、社内ブランディングの案件です。

理念を更新し続けるという理念

シオノ鋳工様は江戸時代から続く鋳物製造の会社。現社長である塩野浩士さんは、20代の頃に自社の製造ラインを徹底的に見直し、実際に効率化・クリーン化を図ってこられた実力派。そんな塩野社長が「会社がより成長していくためにも全員で共有できる明確な基準が欲しい」とおっしゃられた事がきっかけで、経営理念の作成を支援することになりました。
理念といっても漠然としたものなので、当初はなかなか明確にならなかったのですが、ある日突然腑に落ちる瞬間がやってきました。過去、無意識のうちにやってきたことを掘り下げる中で、塩野社長が突如思い出した言葉、「日々挑戦」。社長自身の姿勢を表した言葉です。
この言葉にメンバーも納得。自分たちに流れている共通の価値観だと気付いたのですが、それと同時にメンバーにある違和感が芽生えました。「理念を固定化するということは、より高いベストを追求することと矛盾するのでは?」私は非常に鋭い洞察に感銘を受けながらもこうお伝えしました。「常にベストを追求する、という姿勢こそが、御社の理念なのではないでしょうか?」
このようなくだりを経てメンバーは、「日々挑戦」という姿勢が自分たちの根本理念であると発見できたのです。

自分たちから導き出した言葉

その後、経営理念は事業目的や社会的価値を含んだ言葉にするべき、という命題を掲げ、「日々挑戦」の概念をもとに、試行錯誤を繰り返しました。「自分たちは何に挑戦し続けるのか?」「自分たちが考える幸せとは何か?」などを、全社員にインタビューするなど積極的な活動が実り、最終的に経営理念「要(かなめ)」というフレーズに辿りついたのです。  その後、経営理念を作成して終わりではなく、いかに浸透させるか?をメンバー全員で検討。経営理念発表会を社員主導で企画したり、鋳物で経営理念のオブジェを製作するなど企画が上がりはじめました。自分たちが導きだした理念だからこそ活用していける、という好例となりました。

3つの要を創り出すあり方を表現した経営理念・ビジョン

shiono 417x600 経営理念・ビジョン策定コンサルティング 社内ブランディング実績

理念を掘り下げる中で、日々挑戦し、成長できることこそが人間の幸福である、という定義に辿りついた。その後、その成長と幸福の行く先に何があるのか?を考え、シオノ鋳工そのものが社員の幸せの要となること、そしてそこで成長した人が地域社会の要となる、というイメージに至った。さらに、シオノ鋳工で生産されている鋳物は、水道管やエレベーターの部品、建設機械など、生活インフラに関わるものが多いことから、生活の要という意味も込めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

世界へと動き始めた丹後のシルクを伝えるウェブサイト

300年続く高級絹織物「丹後ちりめん」がさらに進化し、パリコレでのシルク生地採用等、丹後のシルク織物として世界へと動き始めています。 従来…

新時代のコンセプト車を告知するハガキDM

日産野田川販売株式会社様の新車告知用、ハガキDMです。 7月に日産から発売された新車「KICKS」は、もともと海外で発売されていたモデ…

食のコンセプトを強化したホテルのチラシ

プラザホテル吉翠苑様の折込チラシです。 コロナの影響で2ヶ月の休業を余儀なくされましたが、その期間に自分たちの事業のあり方を再度見つめ…

新工業&ランドマーク建設に向けたブランド開発

鋳物製造を行うシオノ鋳工様が、新たに鋳物製造後の加工を行う新工場を建設される計画が進行中。新工場敷地内には、オリジナル商品開発や体験工房とな…

合併してさらにパワーアップした農業法人のロゴ制作

与謝野町の農業法人、株式会社AGRIST様のロゴ制作です。農業者としてはかなり若手、しかし地域トップクラスの出荷実績を持つ二人がタッグを組み…

ページ上部へ戻る