火星を肉眼で見るよりも難しい。  |京都・アイデンティティブランディング

御社のサードブレイン 第3の脳

©2019 All rights reserved.

201411/11

火星を肉眼で見るよりも難しい。

世界に点在する秘境、
大気圏の外側にある宇宙の神秘でさえ、
「自分の肉眼」で見ることができる可能性はある。

ところが、
「自分の顔」だけは、
自分の肉眼で見ることはできない。
一生、不可能。

自分を見るには、写真や鏡に頼るしかない。

自分というものは見えないもの・・・。
それは、心や人格という意味でも同じ。

心や人格を鮮明に、物理的に映し出す
鏡のようなものは、
まだ発明されていない。

発明されていない以上、
「自分」というものの心や人格を知る手がかりは、
自分の身の回りに起きるファクト(事象・現実)からしか
知ることはできない。

つまり、自分を知るというのは、
自分がどう見えているのか、
周囲にはどう感じられているのか、
どのように思われているのか、
社会や世界にどう自分が影響しているのか、
を知ることとイコールということになる。

自分というものは、周囲の中で・・・社会の中で・・・
世界の中で・・・どういう存在なのか?でしか
説明できない。

「自分が知っている自分」が
自分だと思い込んでいる人は、
無数にいる。

その結果、大量の人間が、
「自分には価値はない」と思い込んでいる。
(特に日本人は?)

自分に価値が感じられない人は、
時に卑屈になったり、
自分の考えに沿わない人に攻撃的になる。

自分を見るということは、
火星を肉眼で見るよりも難しい。

【すべての人にアイデンティティを】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

京の自然 蜜蝋ワックス 商品ブランディング

蜜ろう(ミツバチの巣)と植物油のみを使用してい作られた100%自然素材のメンテナンスワックス「834 京の自然 蜜蝋ワックス」の商品ブランデ…

本格着物体験 ウェブサイト制作

高級絹織物ブランド「丹後ちりめん」の着付け体験、織元や染色作家の工房訪問などが愉しめる「丹後ちりめん 本格着物体験」のウェブサイト案件です。…

電気工事業ウェブサイト/求人ブランディング

京都市の電気工事事業者様の求人活動におけるブランディング、それに伴うウェブサイト制作の案件です。 今現在、社会はほとんどの企業が人財不…

「暮らし心地」を大切にする工務店様 ブランディング

株式会社トミタ様のブランドアイデンティティ成文化、シンボルマーク/ロゴタイプ製作、ウェブサイト製作の、一連のブランディングプロジェクトの案件…

海洋高校ブイヤベースラーメン ブランディングデザイン

海洋高校ブイヤベースラーメンの一連のブランディングデザインです。チラシ(マップ)、ポスター、ウェブサイト、コースター、スタンプラリー用スタン…

ページ上部へ戻る