火星を肉眼で見るよりも難しい。  |京都・アイデンティティブランディング

中小企業にファンをつくる

©2018 All rights reserved.

201411/11

火星を肉眼で見るよりも難しい。

世界に点在する秘境、
大気圏の外側にある宇宙の神秘でさえ、
「自分の肉眼」で見ることができる可能性はある。

ところが、
「自分の顔」だけは、
自分の肉眼で見ることはできない。
一生、不可能。

自分を見るには、写真や鏡に頼るしかない。

自分というものは見えないもの・・・。
それは、心や人格という意味でも同じ。

心や人格を鮮明に、物理的に映し出す
鏡のようなものは、
まだ発明されていない。

発明されていない以上、
「自分」というものの心や人格を知る手がかりは、
自分の身の回りに起きるファクト(事象・現実)からしか
知ることはできない。

つまり、自分を知るというのは、
自分がどう見えているのか、
周囲にはどう感じられているのか、
どのように思われているのか、
社会や世界にどう自分が影響しているのか、
を知ることとイコールということになる。

自分というものは、周囲の中で・・・社会の中で・・・
世界の中で・・・どういう存在なのか?でしか
説明できない。

「自分が知っている自分」が
自分だと思い込んでいる人は、
無数にいる。

その結果、大量の人間が、
「自分には価値はない」と思い込んでいる。
(特に日本人は?)

自分に価値が感じられない人は、
時に卑屈になったり、
自分の考えに沿わない人に攻撃的になる。

自分を見るということは、
火星を肉眼で見るよりも難しい。

【すべての人にアイデンティティを】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

住まいのトミタ様 ブランディング

住まいのトミタ様のブランドアイデンティティ成文化、シンボルマーク/ロゴタイプ製作、ウェブサイト製作の、一連のブランディングプロジェクトの案件…

海洋高校ブイヤベースラーメン ブランディングデザイン

海洋高校ブイヤベースラーメンの一連のブランディングデザインです。チラシ(マップ)、ポスター、ウェブサイト、コースター、スタンプラリー用スタン…

羽衣荘様 ウェブサイト製作

新規顧客成約率7倍、京都府北部、京丹後市にある活がに専門の宿、羽衣荘様のウェブサイトです。 25年間、冷凍のかには一切使わず、徹底的に…

バイオマス関連製品 展示会用A1パネル

名刺交換量2倍以上を獲得した展示会用広告パネル。 ダレスサンドロジャパン様取扱のイタリア製バイオマス関連製品の広告パネル製作です。協力…

宮津カレー焼きそば チラシ他コンセプトデザイン

以前から引き続きの、宮津カレー焼きそばキャンペーン関連のコンセプトデザインです。今回は再度スタンプラリーを実施するということで、さらにブラン…

ページ上部へ戻る