火星を肉眼で見るよりも難しい。  |京都・アイデンティティブランディング

御社のサードブレイン 第3の脳

©2020 All rights reserved.

201411/11

火星を肉眼で見るよりも難しい。

世界に点在する秘境、
大気圏の外側にある宇宙の神秘でさえ、
「自分の肉眼」で見ることができる可能性はある。

ところが、
「自分の顔」だけは、
自分の肉眼で見ることはできない。
一生、不可能。

自分を見るには、写真や鏡に頼るしかない。

自分というものは見えないもの・・・。
それは、心や人格という意味でも同じ。

心や人格を鮮明に、物理的に映し出す
鏡のようなものは、
まだ発明されていない。

発明されていない以上、
「自分」というものの心や人格を知る手がかりは、
自分の身の回りに起きるファクト(事象・現実)からしか
知ることはできない。

つまり、自分を知るというのは、
自分がどう見えているのか、
周囲にはどう感じられているのか、
どのように思われているのか、
社会や世界にどう自分が影響しているのか、
を知ることとイコールということになる。

自分というものは、周囲の中で・・・社会の中で・・・
世界の中で・・・どういう存在なのか?でしか
説明できない。

「自分が知っている自分」が
自分だと思い込んでいる人は、
無数にいる。

その結果、大量の人間が、
「自分には価値はない」と思い込んでいる。
(特に日本人は?)

自分に価値が感じられない人は、
時に卑屈になったり、
自分の考えに沿わない人に攻撃的になる。

自分を見るということは、
火星を肉眼で見るよりも難しい。

【すべての人にアイデンティティを】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

世界へと動き始めた丹後のシルクを伝えるウェブサイト

300年続く高級絹織物「丹後ちりめん」がさらに進化し、パリコレでのシルク生地採用等、丹後のシルク織物として世界へと動き始めています。 従来…

新時代のコンセプト車を告知するハガキDM

日産野田川販売株式会社様の新車告知用、ハガキDMです。 7月に日産から発売された新車「KICKS」は、もともと海外で発売されていたモデ…

食のコンセプトを強化したホテルのチラシ

プラザホテル吉翠苑様の折込チラシです。 コロナの影響で2ヶ月の休業を余儀なくされましたが、その期間に自分たちの事業のあり方を再度見つめ…

新工業&ランドマーク建設に向けたブランド開発

鋳物製造を行うシオノ鋳工様が、新たに鋳物製造後の加工を行う新工場を建設される計画が進行中。新工場敷地内には、オリジナル商品開発や体験工房とな…

合併してさらにパワーアップした農業法人のロゴ制作

与謝野町の農業法人、株式会社AGRIST様のロゴ制作です。農業者としてはかなり若手、しかし地域トップクラスの出荷実績を持つ二人がタッグを組み…

ページ上部へ戻る