自分の思いをキャッチコピーにしてはいけない  |京都・アイデンティティブランディング

御社のサードブレイン 第3の脳

©2020 All rights reserved.

自分の思いをキャッチコピーにしてはいけない

先日のことですが、
京都府商工会連合会さんのエキスパート専門家派遣の一貫で、
京丹波の工務店さんにチラシ・看板などの
広報活動のアドバイスに伺いました。

私たちのような、商工会に登録されている
特定業務の専門家が、依頼のあった事業所に派遣される制度です。
1回につき2時間の指導を行います。

今回の件でもあったのですが、
多くの場合、チラシや看板などに、自社の「思い」とか、
「きれいなイメージ」をキャッチコピーとして
掲載するケースが多いようです。

中小零細企業においては、この方法はおすすめできません。
メディア力がないからです。

弊社であれば、「すべての人にアイデンティティを!」という
思いでやってますが、そんなことを言われてもお客様には
全然意味が分からないと思います。
なので、これはキャッチコピーにはなりません。

今回の工務店さんも、今後自分が大切にしていきたい
信条・理念・経営方針をキャッチコピーにされていました。
これはこれで、素敵な文言でしたが、
チラシなどで最初に読ませる言葉としては適切ではありません。

ということで、私は販売促進の基本をおさえていただくよう、
「ウチで建てた家、何が良かった?」
と、直接既存顧客に聞いてください、とアドバイスしました。
自社の輝きに焦点を当てる考え方です。

非常に謙虚な方だったので、早速聞いてみる、と

おっしゃられました。
もちろん、その顧客の声をキャッチコピー化するヒントも
お伝えしています。

キャッチコピーでお客様に興味を持ってもらったあとで、
自分の思いは徐々に伝えていけば共感してくれるはずです。

人の思いは最重要項目です。
でもキャッチコピーにはならない。
適切な使い分けが大切です。

【すべての人にアイデンティティを】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

世界へと動き始めた丹後のシルクを伝えるウェブサイト

300年続く高級絹織物「丹後ちりめん」がさらに進化し、パリコレでのシルク生地採用等、丹後のシルク織物として世界へと動き始めています。 従来…

新時代のコンセプト車を告知するハガキDM

日産野田川販売株式会社様の新車告知用、ハガキDMです。 7月に日産から発売された新車「KICKS」は、もともと海外で発売されていたモデ…

食のコンセプトを強化したホテルのチラシ

プラザホテル吉翠苑様の折込チラシです。 コロナの影響で2ヶ月の休業を余儀なくされましたが、その期間に自分たちの事業のあり方を再度見つめ…

新工業&ランドマーク建設に向けたブランド開発

鋳物製造を行うシオノ鋳工様が、新たに鋳物製造後の加工を行う新工場を建設される計画が進行中。新工場敷地内には、オリジナル商品開発や体験工房とな…

合併してさらにパワーアップした農業法人のロゴ制作

与謝野町の農業法人、株式会社AGRIST様のロゴ制作です。農業者としてはかなり若手、しかし地域トップクラスの出荷実績を持つ二人がタッグを組み…

ページ上部へ戻る