社内には日本語から日本語への通訳が必要。  |京都・アイデンティティブランディング

御社のサードブレイン 第3の脳

©2019 All rights reserved.

社内には日本語から日本語への通訳が必要。

お客様の声から学んだこと。

12月5日に、経営の「隠れ価値発見」セミナーを行いました。
今日、もう一度お客様アンケートを拝見しました。

改めて感じたことは、
「多くの会社・お店の中で、
 日本人に対して日本語が伝わっていない」

そして、そのことに課題を感じておられる方が多くいらっしゃる。
ということです。

例えば・・・
会社で「目標を決めよう!」と誰かが言い出した瞬間、
社員間でどのようなイメージが起きているか?

ある人は「毎日机の上を整頓する」が目標だとイメージする。
ある人は「売上を昨対1.5倍にする」が目標だとイメージする。
ある人は「地域に信頼される会社にしよう」が目標だとイメージする。

どれも大切なことですが、
今回のお話はそこがポイントではなく、
人によって「目標を決める」という言葉に対し、
イメージする内容が違う、という点が重要です。
上記の例だと、その人の意識の高さによって発想が異なる。

でも、間違いないのは、
どの人も「今より良くなるために目標を決めている」点では
一致しています。

意識の低さに問題はあったとしても、
そもそも、どのくらいの高さの(どのくらいの抽象度の)
目標設定をするつもりなのか?
を、先に共有しなければ、人によって発想がバラバラになります。

こういった、1つの言葉に対して、
相手によって異なるイメージが湧いていることというのは、
会社内・お店の中で、日常茶飯事で起きていることでしょう。

その「言葉の定義のズレ」に気づかず、
「アイツにはいくら言っても分からない」
と嘆くのは、ちょっと早とちりかもしれません。

会社内・お店の中で、スタッフと意識を共有するには、
言葉の定義のズレを無くすための、
日本語から「伝わる日本語」への通訳が必要です。

今回、お客様からアンケートをいただき、
改めて「自分の言葉で分からせる」ということよりも、
「スタッフと共に見つけていく」というプロセスが重要だと感じました。

【すべての人にアイデンティティを】

10850039 750692125022078 1733143122239812799 n 600x448 社内には日本語から日本語への通訳が必要。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

京の自然 蜜蝋ワックス 商品ブランディング

蜜ろう(ミツバチの巣)と植物油のみを使用してい作られた100%自然素材のメンテナンスワックス「834 京の自然 蜜蝋ワックス」の商品ブランデ…

本格着物体験 ウェブサイト制作

高級絹織物ブランド「丹後ちりめん」の着付け体験、織元や染色作家の工房訪問などが愉しめる「丹後ちりめん 本格着物体験」のウェブサイト案件です。…

電気工事業ウェブサイト/求人ブランディング

京都市の電気工事事業者様の求人活動におけるブランディング、それに伴うウェブサイト制作の案件です。 今現在、社会はほとんどの企業が人財不…

「暮らし心地」を大切にする工務店様 ブランディング

株式会社トミタ様のブランドアイデンティティ成文化、シンボルマーク/ロゴタイプ製作、ウェブサイト製作の、一連のブランディングプロジェクトの案件…

海洋高校ブイヤベースラーメン ブランディングデザイン

海洋高校ブイヤベースラーメンの一連のブランディングデザインです。チラシ(マップ)、ポスター、ウェブサイト、コースター、スタンプラリー用スタン…

ページ上部へ戻る