経営や仕事に対するソワソワ感、不透明感。  |京都・アイデンティティブランディング

御社のサードブレイン 第3の脳

©2019 All rights reserved.

経営や仕事に対するソワソワ感、不透明感。

2015年は変化の年と、よく耳にします。
易で見てもそうだし、実際に社会で起きていることを考えても、それは納得できます。

新年が明けても、気持ちを心機一転・・・と簡単にはいかず、経営や仕事に対するソワソワした感じが残ったまま。

そんな状況の中で、1月1日発行の北近経済新聞に「経営の心配事」という記事がありました。

北近畿の48人の経営者にアンケートを取られた結果、
経営に対する心配事の第1位は、

「事業の将来性」

とのことです。

先行き不透明。

この心配ごとを払拭する答えは、どこにあるのでしょうか?
探し続けているけど、見つからない。
いろいろやってみても、打破する方向性が見つからない。

私はそんな方々の心配事を解消する方法はないものか?と2010年ごろからずっと考えていました。

そして、学び、考えるうちに分かってきたことは、

「どうすればうまくいくのか?」を考えるほどに会社経営は迷宮入りするのだ、ということを知りました。

多くの方に教えていただく中で、出てきたキーワードが、

「アイデンティティ」

です。
この言葉に、私は大学生の頃からずっと興味がありました。
それが、今1つにつながり、今も成長を続けています。

不透明感を打破する答えは、社会の中を探してもどこにもなく、
とにかく、自分自身がまだ気づいていない
無意識の中から掘り当てるしかない。
そして、自分の無意識を知るのは、自分一人では不可能。
つまり、一人で考えるほどに迷宮入りするということです。

これが確信に変わった2014年、
自分の会社の会社名を「アイデンティティブランディング」に変更しました。

その具体的方法をご紹介したのが、昨年制作した小冊子です。

http://uvd.jp/2014/01/11/book-whiteboard/

アイデンティティの概念を世に広め、
一人でも多く「迷いゼロ」を達成できるよう、
一歩一歩前進です。

【すべての人にアイデンティティを】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

杉で包む珍しい寿し ランディングページ制作

日本屈指の林業地である京都・京北地区でとられた「杉」で「鯖寿司」を包む、という非常に珍しい寿し「杉鮓(すぎずし)」の商品紹介・販売用ランディ…

与謝野町 農業ポータルサイト制作

おから、米ぬか、魚のあらなどを使用し、100%有機質の肥料を独自に製造している京都府与謝野町の自然循環農業ポータルサイト「YOSANO Ag…

京の自然 蜜蝋ワックス 商品ブランディング

蜜ろう(ミツバチの巣)と植物油のみを使用してい作られた100%自然素材のメンテナンスワックス「834 京の自然 蜜蝋ワックス」の商品ブランデ…

本格着物体験 ウェブサイト制作

高級絹織物ブランド「丹後ちりめん」の着付け体験、織元や染色作家の工房訪問などが愉しめる「丹後ちりめん 本格着物体験」のウェブサイト案件です。…

電気工事業ウェブサイト/求人ブランディング

京都市の電気工事事業者様の求人活動におけるブランディング、それに伴うウェブサイト制作の案件です。 今現在、社会はほとんどの企業が人財不…

ページ上部へ戻る