妊婦さんのエピソードがタクシー業界を変えた話。  |京都・アイデンティティブランディング

御社のサードブレイン 第3の脳

©2020 All rights reserved.

妊婦さんのエピソードがタクシー業界を変えた話。

京都中小企業家同友会にて、

都タクシー代表取締役の筒井社長のお話をお聞きしました。

車(タクシー)が日本一キレイ、
ピカピカどころか、ビカビカ(美化美化?)に
磨かれているというのが同社のコンセプト。

現在、「子育てタクシー」という取り組みをされているのこと。
なぜ子育てタクシーなのか?

このサービスは、もともと都タクシーさんが最初に
始めたものではなく、
四国の会社が始めたものだったそうです。
その背景にあったエピソード。

とある妊婦さんが、自宅で陣痛が始まり、
急いで病院に・・・ということで、1台のタクシーが呼ばれました。
その奥さんは、自宅で破水した状態だったようで、
タオルを当てながらタクシーに乗り込もうとしたそうです。

すると、タクシードライバーがこういいました。

「俺のタクシー汚すなよ」

今から出産を控えている奥さんは、その言葉を聞いて
目の前が真っ暗になった、と。

このエピソードを受け、
「子育てする女性にとってやさしいタクシーを作って欲しい」
という話が持ち上がりました。

でも、タクシー会社に持ちかけても、
「それって儲かるの?」というような観点でしか話ができない。

そんな中で、企画を取り上げてくださったのは、
女性経営者が営むタクシー会社だったそうです。

都タクシーの筒井社長はこのエピソードを受け、
うちのドライバーは、きちんと応対できるだろうか?と
自問自答。
素晴らしいなと思うのは、人ごとではなく、
きちんと自社のこととして捉えておられるということです。

その後、同社でも「子育てタクシー」の取り組みを開始されました。

素晴らしい会社というのは、
人の信念・思い・正しい道が創りだすということを
改めて考えさせられました。

【すべての人にアイデンティティを】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

世界へと動き始めた丹後のシルクを伝えるウェブサイト

300年続く高級絹織物「丹後ちりめん」がさらに進化し、パリコレでのシルク生地採用等、丹後のシルク織物として世界へと動き始めています。 従来…

新時代のコンセプト車を告知するハガキDM

日産野田川販売株式会社様の新車告知用、ハガキDMです。 7月に日産から発売された新車「KICKS」は、もともと海外で発売されていたモデ…

食のコンセプトを強化したホテルのチラシ

プラザホテル吉翠苑様の折込チラシです。 コロナの影響で2ヶ月の休業を余儀なくされましたが、その期間に自分たちの事業のあり方を再度見つめ…

新工業&ランドマーク建設に向けたブランド開発

鋳物製造を行うシオノ鋳工様が、新たに鋳物製造後の加工を行う新工場を建設される計画が進行中。新工場敷地内には、オリジナル商品開発や体験工房とな…

合併してさらにパワーアップした農業法人のロゴ制作

与謝野町の農業法人、株式会社AGRIST様のロゴ制作です。農業者としてはかなり若手、しかし地域トップクラスの出荷実績を持つ二人がタッグを組み…

ページ上部へ戻る