事業承継の親子問題にどうコンサルティングさせていただくか  |京都・アイデンティティブランディング

中小企業にファンをつくる

©2018 All rights reserved.

事業承継の親子問題にどうコンサルティングさせていただくか

経営者と社員の思っていることがバラバラであったり、

親から子へ、会社を引き継ぐ(事業承継)にあたって

お互いに素直になれず、ぶつかり合うという問題。

私はクリエーターという職業から大きく幅を広げ、

コンサルタントとしての仕事をするようになり、

こういった事例によく出会うようになってきました。

多くの場合、こういった事例は、

「自分以外の人の問題」が目につきすぎていて、

冷静に、本質的な課題に目を向けていないことがほとんどです。

つまり、「自分の中にある問題」です。

灯台下暗しとはよく言ったもので・・・

私はメンターや師匠から、

コンサルタントはクライアントに対し、

「本質的課題に立ち返らせることが重要」、と

教わりました。

他の成功事例を持ってきて、「これでいきましょう」と

押し付けるのは、コンサルタントではありません。

教育学と同じで、内発的に、

「相手がその気になる」ことが重要です。

例えば子育てなんかも、原理的には全部同じだと思います。

なので私たちにとっては、

お客様が、自分でその気になることが最重要ポイントです。

私は、いかに自分の意見を押し付けずに、

よりよい方向に向かっていただくか?に

命を使っています。

お客様が、自分の力で、

自分の中にある本質的な課題に気づき、

素直になり、問題が解決されていく。

そのきっかけだけは、私たちがお手伝いする。

世の中の多くの場所で、事業承継や

全社員の意識統合が問題になっています。

その改善のきっかけが、お手伝いできることは、

非常に幸せなことです。

お客様が幸せに向かうお手伝いですからね・・・

11034947 788074034617220 7208738582331449923 o 363x266 事業承継の親子問題にどうコンサルティングさせていただくか

写真は、そういったお手伝いをする中で、

僕が頭の中でどういう思考をしているのかを

簡単に図にしたものでした。(英語は怪しいけど)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「暮らし心地」を大切にする工務店様 ブランディング

住まいのトミタ様のブランドアイデンティティ成文化、シンボルマーク/ロゴタイプ製作、ウェブサイト製作の、一連のブランディングプロジェクトの案件…

海洋高校ブイヤベースラーメン ブランディングデザイン

海洋高校ブイヤベースラーメンの一連のブランディングデザインです。チラシ(マップ)、ポスター、ウェブサイト、コースター、スタンプラリー用スタン…

羽衣荘様 ウェブサイト製作

新規顧客成約率7倍、京都府北部、京丹後市にある活がに専門の宿、羽衣荘様のウェブサイトです。 25年間、冷凍のかには一切使わず、徹底的に…

バイオマス関連製品 展示会用A1パネル

名刺交換量2倍以上を獲得した展示会用広告パネル。 ダレスサンドロジャパン様取扱のイタリア製バイオマス関連製品の広告パネル製作です。協力…

宮津カレー焼きそば チラシ他コンセプトデザイン

以前から引き続きの、宮津カレー焼きそばキャンペーン関連のコンセプトデザインです。今回は再度スタンプラリーを実施するということで、さらにブラン…

ページ上部へ戻る