【02 感性能力02. 未来力】仕事を楽しむリーダーになる25の能力  |京都・アイデンティティブランディング

御社のサードブレイン 第3の脳

©2020 All rights reserved.

【02 感性能力02. 未来力】仕事を楽しむリーダーになる25の能力

【感性能力 Principle.02「未来力」】
自分と社会にとって価値あるゴールを設定し、未来イメージの臨場感を高める力

中学や高校の頃のクラブ活動。
野球、バスケ、サッカーなどのスポーツ部でも、
吹奏楽や書道などの文化部でも、
学校や部によっては目標に向けて純粋に努力して、
熱い想いを体験することも少なくないでしょう。

ちなみに私は、といえば、高校の最後の1年に、
情報デザイン同好会というクラブが結成され、
その後、部に昇格されました。
当時、自分はコンピュータを使ったデザインという
新しい分野にハマり、夢中でした。

夢中は結果をつくるもので、
恩師に恵まれたおかげで
全国の商業学科の全国大会で発表を行ったり、
国体の看板製作に関わったりすることができました。

なぜ、中学や高校のクラブ活動というのは、
あんなに熱くなれるものなのでしょうか?

その一方で、大人になってから仕事に就き、
年月が過ぎるほどにその「熱」をなくしていく人が多いのは、
一体なぜなのでしょうか?

その答えは、本当にシンプルかつ、明瞭なのです。

「ゴールがあるか、ないか。」

人間は、自分がイメージすることに「関連する情報」だけを
集めるようにできています。

未来に希望を抱く人には、現状を良くする方法が舞い込みます。
過去に固執する人には、現状を後退させるための情報が舞い込みます。
非常に単純なことなのです。

アベノミクスの恩恵は地方には感じられない、
そういう声は多いのですが、
果たしてこの事実が「最も重要なこと」でしょうか?
これがもし最も重要なら、
景気がよくなる日を夢見て、家でおとなしくするのでしょうか。

最も重要なのは、
現実を踏まえ、結局のところ自分はどうするのか?を
明確に決め、行動することのはずです。
景気動向を無視するわけではありません。
でも、一喜一憂しても、別に何の変化もない、ということです。

現状を変化させない人は、落ちていく。
自分が変わらなくとも、社会は勝手に変わっていくからです。

人間は、自分が決めたゴールに向かって
無意識に行動するのです。

自分は、どういった素晴らしい人間になりたいのか。
何を成し得たいのか。
結局、結局のところ、「どうしたいのか」
人のエネルギーは、自分の「意志」から生まれるのです。

食べたいから食べる、
トイレに行きたいから行く。

本当に、それと同じレベルのエネルギーです。
リーダーは社会に貢献したいから、貢献するのです。
貢献しないといけないから、貢献するのではありません。
「こうしたい、こうなりたい、ここに行きたい」
そう思うから行くのです。

つまり、ゴールがあるかないかが、
人生を決めるのです。

甲子園優勝を、仕方なく目指す球児がどれだけいるでしょうか。

「優勝したい」という気持ちは、
とてつもないエネルギーを生み出し、
熱中症を吹き飛ばすほどの体力と精神力を身につけさせます。
本気で頂点を目指す球児にはほんとうに尊敬します。
(もしプロ野球選手にならないのだとしたら
 社会に出て仕事に就く際、
 その頃の情熱をいつまでも忘れないために
 再度社会においてのゴールを設定して欲しいと想います。)

多くの球児は、勝ったり負けたりするうちに、
少なからず、戦う相手は、相手チームではなく、
弱い自分と戦うものだと悟るはずです。
甲子園で優勝したり、
プロフェッショナルの世界に行く、というのは、
そういった並大抵ではないチャレンジです。
自分と戦うということです。

その自分との戦いに勝てるかどうかは、
「自分が決めた明確なゴールがあるかどうか」
で決まります。

「そこに行きたい。こうなりたい」

それがなければ、人生は本当につまらないものです。

ぜひ、自分と社会にとって、
価値のある「ゴール」を設定しましょう。
自分が「好きでやってること」を、どんどん進めれば、
社会の役に立つのです。素晴らしいと思いませんか?
自分でゴールを設定すれば、好きでやってることになるのです。

そのゴールは、どんな姿をしていますか?

あなたはどこにいて、何をしていますか?
目の前にあるものに触れると、どんな感触ですか?
何が聞こえますか?どんな匂いがしますか?

2025年のイメージですか?それとも2035年?
誰と何をして、誰が喜んでいますか?
何を楽しんでいますか?
どのくらいお金を持っていて、どのぐらい稼いでいますか?

会社の業績はあがりましたか?
社員はみんないきいきと働いていますか?
自分の周囲にある社会は、
何か良い方向に向かいましたか?

未来を願うことをやめたとしたら、
それは人生を終えたのと同じです。

—–

「仕事を楽しむリーダーになる25の能力」は、
仕事を創造的に楽しめる資質を持ち、
その結果新しい価値を生み出す
真のリーダーとしての能力を考える中で、
私自身が自分の成長を加速させようとするコラムです。

参考:
FVA Future Vision Achievement
日本コンサルタント協会 PBC
TPIE – Tice Principle in Excellence

【中小企業にファンをつくる】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

世界へと動き始めた丹後のシルクを伝えるウェブサイト

300年続く高級絹織物「丹後ちりめん」がさらに進化し、パリコレでのシルク生地採用等、丹後のシルク織物として世界へと動き始めています。 従来…

新時代のコンセプト車を告知するハガキDM

日産野田川販売株式会社様の新車告知用、ハガキDMです。 7月に日産から発売された新車「KICKS」は、もともと海外で発売されていたモデ…

食のコンセプトを強化したホテルのチラシ

プラザホテル吉翠苑様の折込チラシです。 コロナの影響で2ヶ月の休業を余儀なくされましたが、その期間に自分たちの事業のあり方を再度見つめ…

新工業&ランドマーク建設に向けたブランド開発

鋳物製造を行うシオノ鋳工様が、新たに鋳物製造後の加工を行う新工場を建設される計画が進行中。新工場敷地内には、オリジナル商品開発や体験工房とな…

合併してさらにパワーアップした農業法人のロゴ制作

与謝野町の農業法人、株式会社AGRIST様のロゴ制作です。農業者としてはかなり若手、しかし地域トップクラスの出荷実績を持つ二人がタッグを組み…

ページ上部へ戻る