天橋立 酒鮮の宿まるやす様ランディングページ制作  |京都・アイデンティティブランディング

御社のサードブレイン 第3の脳

©2020 All rights reserved.

天橋立 酒鮮の宿まるやす様ランディングページ制作

京都府北部・丹後地方の日本三景 天橋立。その文珠地区にて日本酒ソムリエのいる宿を営む天橋立 酒鮮の宿まるやす様の、ランディングページ制作案件です。

濃密な時間を豊かに過ごしてもらう

私が宿主の古田氏とお出会いし数年たった頃から、彼が口癖のように語る言葉があります。それは、「旨い酒はすでにある。酒が美味しく飲める街にしたいんだ」というビジョンでした。日本酒は味がどんどん洗練されている昨今ですが、そのお酒を「美味しく飲める場所」はまだまだ少ない、というのです。自分自身の宿がその第1号となるべく、全国500蔵以上の酒蔵を直接訪問し、あらゆる食材を自分の舌で試す中で、古田氏は「料理と合わせて日本酒を楽しむスタイル」を確立していきました。その背景にある人生経験が濃密な時間を生み出し、今のお客様に高い満足を提供されています。

静止画で「時間」を表現する

まるやす様のウェブサイトをデザインする中で最も困難だったのは、単にお酒が美味しい、料理が美味しい、にとどまらない「雰囲気に酔える濃密な時間」をいかに表現するか?という点でした。私たちは人の「表情」と「目線」でその時間と物語を感じさせることができないか?と考え、その観点を軸に宿の個性を徹底的に表現しました。
サイトデザインは大幅にリニューアル後、マイナーチェンジを繰り返すことで徐々に集客力が高まりました。その結果、リニューアル前とくらべて売上は2倍。かに宿泊プランにおいては強みを徹底的に打ち出す戦略で昨対250%の成約率アップの結果となっています。
まるやす様の「美味しく酒が飲める場所になる」という未来ビジョンを形にする過程で、それが個性となり、強みとなり、デザインとなって見える化された事例です。

http://www.a-maruyasu.com/Sommelier.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

世界へと動き始めた丹後のシルクを伝えるウェブサイト

300年続く高級絹織物「丹後ちりめん」がさらに進化し、パリコレでのシルク生地採用等、丹後のシルク織物として世界へと動き始めています。 従来…

新時代のコンセプト車を告知するハガキDM

日産野田川販売株式会社様の新車告知用、ハガキDMです。 7月に日産から発売された新車「KICKS」は、もともと海外で発売されていたモデ…

食のコンセプトを強化したホテルのチラシ

プラザホテル吉翠苑様の折込チラシです。 コロナの影響で2ヶ月の休業を余儀なくされましたが、その期間に自分たちの事業のあり方を再度見つめ…

新工業&ランドマーク建設に向けたブランド開発

鋳物製造を行うシオノ鋳工様が、新たに鋳物製造後の加工を行う新工場を建設される計画が進行中。新工場敷地内には、オリジナル商品開発や体験工房とな…

合併してさらにパワーアップした農業法人のロゴ制作

与謝野町の農業法人、株式会社AGRIST様のロゴ制作です。農業者としてはかなり若手、しかし地域トップクラスの出荷実績を持つ二人がタッグを組み…

ページ上部へ戻る