鍼灸師 西尾竜一様 名刺制作  |京都・アイデンティティブランディング

御社のサードブレイン 第3の脳

©2020 All rights reserved.

鍼灸師 西尾竜一様 名刺制作

鍼灸という歴史ある治療法を軸に、東洋医学等の様々な知識・経験を組み合わせて患者様の治療する若き鍼灸師、西尾竜一様の名刺制作案件です。

西尾様が手掛ける鍼灸は、通常通り鍼を刺して治療するものあれば、釘のような鍼を当てるだけで治療するものまで様々。なんと、体バランスの傾きをたって3分で調整してしまうことも。また治療だけでなく、美容鍼灸によって女性の美しさにも貢献できる技術もお持ちです。

本案件のご要望は「一度受け取ったら忘れられない名刺が欲しい」というものでした。私たちはそのオーダーを受け、いかに特徴を印象づけるか?を徹底的に考えました。

人や会社の特徴を印象に残す場合、単にインパクトを追求するだけでは実は簡単に忘れ去られてしまいます。ポイントは「その人らしさ」と「インパクト」を両立させること。西尾様にヒアリングさせていただいたところ、「笑うと目がなくなる、とよく言われる」というお話を伺いました。私たちはこの特徴をデフォルメし、印象づけるためにイラストを活用しようと考えました。

そこで出てきた発想が、「ザウルス」という発想。アラレちゃんのガッチャンみたいな、可愛らしい、それでいてちょっとシュールなザウルスで表現しようという発想です。しかしただのザウルスでは、「らしさ」が表現できません。このため、笑うと目がなくなるという特徴をクローズアップし、このザウルスのネーミングを「ハリメザウルス」としたのです。つまり、針のように、笑うと無くなってしまう目です。

ところで、ザウルスという発想は、実は脈絡なく生まれてきたものでした。ですが、後で分かったことによると、西尾様の下のお名前に「竜」という文字が。ザウルスという発想は、無意識のうちにこの「竜」の文字を認識していたのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

世界へと動き始めた丹後のシルクを伝えるウェブサイト

300年続く高級絹織物「丹後ちりめん」がさらに進化し、パリコレでのシルク生地採用等、丹後のシルク織物として世界へと動き始めています。 従来…

新時代のコンセプト車を告知するハガキDM

日産野田川販売株式会社様の新車告知用、ハガキDMです。 7月に日産から発売された新車「KICKS」は、もともと海外で発売されていたモデ…

食のコンセプトを強化したホテルのチラシ

プラザホテル吉翠苑様の折込チラシです。 コロナの影響で2ヶ月の休業を余儀なくされましたが、その期間に自分たちの事業のあり方を再度見つめ…

新工業&ランドマーク建設に向けたブランド開発

鋳物製造を行うシオノ鋳工様が、新たに鋳物製造後の加工を行う新工場を建設される計画が進行中。新工場敷地内には、オリジナル商品開発や体験工房とな…

合併してさらにパワーアップした農業法人のロゴ制作

与謝野町の農業法人、株式会社AGRIST様のロゴ制作です。農業者としてはかなり若手、しかし地域トップクラスの出荷実績を持つ二人がタッグを組み…

ページ上部へ戻る